難消化性オリゴ糖

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

オリゴ糖には、胃で消化される消化性オリゴ糖と、消化されない難消化性オリゴ糖があり、便秘の解消に効果があるのは難消化性オリゴ糖になります。ここでは、難消化性オリゴ糖の種類について、ご説明します。

まず、フラクトオリゴ糖です。タマネギやゴボウ、バナナなどの野菜や果物などに含まれており、甘さやカロリーは砂糖の約半分になります。血糖値調整やミネラル吸収を促す作用もあり、虫歯になりにくいのも特徴です。次に、大豆オリゴ糖は豆腐や納豆、味噌などさまざまな大豆製品から摂取する事ができ、甘さが強いのが特徴です。難消化性オリゴ糖の中では消化されやすいですが、少量でも善玉菌を増やすことが出来るので高い整腸作用が期待できます。またキシロオリゴ糖は、タケノコやトウモロコシから僅かにしか抽出できませんが、カルシウムと一緒に摂取する事で消化吸収を高め、爽やかな甘みが特徴のオリゴ糖です。最も甘みの強い乳果オリゴ糖は、サトウキビに含まれるショ糖や牛乳に含まれる乳糖から精製されます。免疫力アップや高脂血症の改善なども期待でき、腸内のビフィズス菌を増やす効果に優れている事から、特定保健用食品に認定されています。ガラクトオリゴ糖は、主に母乳や乳製品に含まれており、整腸作用の他にもタンパク質の吸収を促し、新陳代謝を高める効果があります。最後にラフィノースは甜菜などの野菜に多く含まれており、熱や酸にも強い為、加熱調理しても効果が落ちにくいです。免疫力アップやアレルギー症状の緩和などにも期待できます。

オリゴ糖の作用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先程も説明したオリゴ糖ですが、オリゴ糖は大腸まで届き、腸内環境を整えて排便を促してくれる成分です。ここでは、そのオリゴ糖の作用について、もう少し詳しくご説明します。

オリゴ糖には整腸作用の他に、便をかさ増しして排便サイクルを早める作用があります。大腸まで届いたオリゴ糖は、水分を多く含んで排便を促してくれるのです。またオリゴ糖は、腸内フローラの環境を整え、健康増進に役立つプレバイオティクスである為、即効性があり、摂取した翌日から効果を感じられる人も多くいます。更にオリゴ糖は、妊婦さんや赤ちゃんが摂取しても安心な成分です。赤ちゃんの場合、まだ腸などの内臓器官が未熟な為、便秘を起こす赤ちゃんも多くいます。特にガラクトオリゴ糖は母乳にも含まれている成分ですので、安心して与えられます。妊婦さんはホルモンバランスや自律神経の乱れなどの様々な理由で便秘になりやすいですが、赤ちゃん同様にオリゴ糖を摂取する事に問題はありません。妊娠期間中は薬に頼る事はあまりできなので、便秘の場合はオリゴ糖を積極的に摂る事をおすすめします。

誰でも摂取できる安心な成分であり、即効性のある優れた整腸作用のある成分す。オリゴ糖で便秘解消をしましょう。また、整腸作用がありますから、便秘だけでなく下痢を抑える効果も期待できます。

便秘を解消する成分

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

便秘を解消する為には、食べ物に気を付ける事も大切です。ここでは、便秘を解消する為の成分とはどんなものなのか、ご説明します。

まずは、先程もご紹介した乳酸菌やビフィズス菌を含む善玉菌です。便秘に有効とされるこの善玉菌は、ヨーグルトなどの発酵乳酸菌に多く含まれており、腸内環境を改善させて、便の排泄を促してくれます。また、納豆も発酵食品であり、納豆に含まれる納豆菌が悪玉菌を退治し、善玉菌を増やすサポートをしてくれる成分です。耐熱性や生命力の高さ、そして納豆自体の便秘改善効果もあり、便秘の人にはお勧めの食品です。次に、カフェインです。カフェインは摂りすぎると身体に悪いという見解もありますので、適度に摂る事が大切です。カフェインには腸を刺激する作用がある為、摂取すると趙が活動的になり排便が促されるのです。最後に、オリゴ糖です。腸内環境を整え、排便を促してくれる乳酸菌の餌になるのが、糖です。しかし糖には小腸で吸収されるものと、大腸まで届くものがあり、砂糖などはほとんどが小腸で吸収されてしまいますが、オリゴ糖は大腸まで届きます。その為、オリゴ糖は大腸内にある乳酸菌の餌となり、乳酸菌を増やしてくれるので排便を促してくれるのです。

便秘になる原因

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

便秘には様々なタイプのものがあり、原因も人によってことなります。ここでは、便秘になる原因について、ご説明します。

まず考えられるのが、水分不足による便秘です。水分は、排便するには必要不可欠なものです。水分不足になると腸の働きが悪くなり、便の水分量も減るので便が硬くなり、排泄が困難になります。便秘になると腸内に便が溜まり、溜まった便がさらに水分を吸収して便がより硬くなり、悪循環になります。便秘を予防する為に、水分はこまめに摂るように心掛けましょう。次に、運動不足です。運動不足になると筋力も衰えます。排便をする際は、お腹に力を入れいきみます。腹筋を使っていきむ事で腸が刺激され、排便が促されます。ですから、運動不足により腹筋が弱くなると腸が刺激されず動きが鈍る為、便秘になってしまうのです。また、食物繊維不足である事です。食物繊維は大腸の蠕動運動を促進させ、腸内の有害物質を吸着します。更に、腸内の善玉菌を増殖させ、悪玉菌を減らしてくれるのです。その他にも。病気や薬などの副作用で引き起こされる便秘や、ストレス、腸内環境の悪化による便秘などがあります。

便秘を改善させる、予防する為には、健康維持やストレスを溜めない為にも適度な運動と睡眠をしっかりとるよう心掛け、規則正しい生活を送りましょう。また、水分や食物繊維を多く含む食材、発酵乳製品などの善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂るよう意識する事も、大切です。